MENU

然菜(ぜんさい)無肥料・無農薬の低硝酸態栽培

然菜(ぜんさい)のfacebook然菜(ぜんさい)のinstagram

無肥料・無農薬の低硝酸態栽培「然菜について」

医食同源を可能にする野菜

野菜に残留する硝酸態濃度を
700ppm以下での栽培技術による栽培が可能で、
更に注文栽培であれば指定の数値目標で栽培が可能です。
有機JAS、G-GAP、ISOの取得が可能な土をつくり、
圃場から加工場までISO取得を目指します。

腸内フローラ、腸内微生物が働くには食物繊維が餌になります。
人間の「腸」と植物の「根」は同じ栄養を吸収して生きています。 
良い土を作るのも、腸内環境を整えるのも微生物の働きによります。
食物アレルギーは農薬だけでなく硝酸態の残留濃度にも起因します。

天然の栄養分と自然の力で安心して
食べられる事だけを考え、
無肥料・無農薬で低硝酸態栽培をしています。